STOP!マタハラ 職場のマタハラでつらい思い、していませんか?

 妊娠したから解雇」「育休取得者はとりあえず降格」は違法です

 

 妊娠・出産・産休・育休などを理由とする、解雇・雇い止め・降格などの不利益な取扱い(いわゆる「マタニティハラスメント」、「マタハラ」)は、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法で禁止されています。

 また、妊娠・出産・育休などの事由を「契機として」不利益取扱いを行った場合も、例外に該当する場合を除き、原則として法違反となります。

 法違反の不利益取扱いを行った場合、行政指導や、悪質な場合には事業主名の公表を行います。

 

 ▶Case1

妊娠を聞く前は契約更新を前提にしていたが、妊娠の報告を受けたので雇い止めとした ⇒ 違法

 ▶Case2

育休を1年間取りたいと相談されたので、経営悪化等を口実に解雇した ⇒ 違法

 

 茨城労働局雇用環境・均等室では、法律に関する情報提供のほか、労使双方からの相談内容に応じて解決策のアドバイスを行います。
ご相談は無料。電話・来室・手紙、いずれでもご相談が可能です。

 

ポスター【PDF

リーフレット【PDF

「男女雇用機会均等月間」ポスター画像小

マタハラリーフレット小

 

この記事に関するお問い合わせ先
    茨城労働局 雇用環境・均等室  相談・指導部門
    〒310-8511    水戸市宮町1丁目8-31    茨城労働総合庁舎6F
    TEL : 029-277-8295   FAX : 029-224-6265

再就職に必要な技能を身に付けるための職業訓練について 外国人労働者相談コーナー Advisory Service for Foreign Workers  ,  Telephone Consultation Service for Foreign Workers パートタイム労働法の改正について 職員採用情報のページへ 『これってあり?まんが 知って役立つ労働法Q&A』のガイドブック(厚生労働省のページへ)
教育訓練給付制度拡充のご案内 茨城産業保健総合支援センターへ リーフレット 『職場でつらい思いしていませんか?』~職場のハラスメントの解決を労働局がお手伝いします 国有財産売却 電子申請を利用すれば、24時間!労働保険関係等の手続きができます。
キャリアアップ助成金のご案内 茨城県最低賃金額~平成29年10月1日から時間額796円 『配偶者手当』の在り方の検討に向けて(厚生労働省のページへ) 茨城労働局及び管下施設のバリアフリー情報 安全衛生優良企業公表制度

 | サイトマップ | お問い合わせ | よくあるご質問 |  リンク集 | 
 | プライバシーポリシー | 利用規約 | 労働局へのご意見 |

茨城労働局 〒310-8511 水戸市宮町1丁目8番31号茨城労働総合庁舎
労働局の所在地と組織についてはこちらまで   Copyright(c) Ibaraki Labour Bureau.All rights reserved.